パーソナルカラーと程々に関わる方法4

この投稿は眼鏡店様向けです。一般の方はスルーしてね。

 

 メガネ屋さんにとってパーソナルカラーを知る事は検査や加工技術を取得するのと匹敵するぐらいに重要になってきました。しかもやってる所が少ない今だからこそ差別化を図れるチャンス。でも生半可な知識で乱用してしまうと痛い目にあいますよ。

 今回は本を読んだ程度の生半可な知識のままでも少しだけ活用出来る方法をお伝えしたいと思います。しっかり勉強してらっしゃる方が見てたら笑わないでくださいませ。 パーソナルカラーと程々にかかわる方法1から読まれる方はコチラ

****************************************


【パーソナルカラーなんてコーディネート次第でどうにでもなる】

 

 パーソナルカラーにはいろんな流派があると言う話を以前にした。イエローベースかブルーベースの2通りに分ける方法。それぞれにさらに艶があるかマットかを分類し春夏秋冬のフォーシーズンに分ける方法。

 

これは個人の見解だ。素人のたわごとかもしれないから最初に断っておくが、

艶かマットかはある程度年齢によって変わってくるもんじゃないかなと思うんだ。

例えば私はこの歳でテカテカのバックなんかは持ちたくはない。だけど若い頃は大好きだった記憶がある。つまり今のパーソナルカラーは夏だが昔は冬だったかもしれない。だからイエローかブルーかの2通りだけに分ける方がいくらか信憑性があるようにおもえるんだ。この白毛頭に濃い色の帽子を被ってツヤツヤのバックを背負い、コントラスト高めの服を着るだけで夏のパーソナルカラーが冬にもなり得る要素があるんじゃないかな?

 

 肌色に関してもそうだ。プロの鑑定士しか判別出来ない程に難しいものならばさほど神経をとがらせる必要ないんじゃないかな?

 

つまりパーソナルカラーなんてものはコーディネート次第でどうにでもなるんじゃないかな?って事だ。

 

大切なのは

ごちゃ混ぜチャンポンにせずに

春夏秋冬のどの自分を演出するかに絞って考えていく事の方が

大切なようにおもえるんだ。

 

私の作品「KANI」は春夏秋冬4種のパーソナルカラー毎に作ってある。

冬のカラーチャートの上に冬と秋のカラーを施した2本のKANIを載せると調和するのがどちらのKANIかお分かりいただけたと思う。

(冬のカラーチャートの上に秋と冬のKANIを載せてみる)

 

 

同様にこの2本のメガネを秋のカラーチャートの上に載せてみる。調和するのは先程と逆になる。

 

(秋のカラーチャートの上に秋のKANIと冬のKANIを載せてみる)

 

 

 

まとめ。

パーソナルカラーなんてものは多少違っていてもコーディネート次第でどうにでもなる。

重要なのは春夏秋冬をごちゃ混ぜチャンポンにしないで方針を決めてかかるといいって事だ。

 

専門の先生方。

間違ってたらごめんなさい。

 

 

【私がやった訓練方法】

理論だけは解っても実績を積んでないとなかなか身につかないものだ。

カラー診断なんて最初からする気はないが出来れば予測だけは立てれるようになりたい

そこで私はこういう訓練をしたんだ。

 

*街ですれ違う老若男女100人に対して心の中でマット系の人かツヤ系の人かを言い当てる。

*街ですれ違う老若男女100人に対してブルーベースかイエローベースかを心の中で言い当てる。

もちろん肌スケールなんかは使わないで肌、唇、持ち物、服装などから判断するんだ。

  

この2つが解るようになるとフォーシーズンのパーソナルカラーが判明出来る。

 

慣れてきたらテレビに出てる俳優さんをいちいち診断してもおもろいね。

もし複数でテレビを見てるならパーソナルカラー言い当てゲームをしてみても面白い。

 

そして仕上げはちょっと上級になるが

*巷にあるあらゆる物。たとえばショーウィンドウにある服やバック、ディスプレイ、看板、部屋など、、、人以外のあらゆる物に対してこれらを春夏秋冬に分類分けしてみるんだ。

 

 

あまりジロジロ見てると不審者に間違えられるので気をつけてやってみてくださいね。

 

さて次回はいよいよ最終回

最終回へジャンプするならコチラをクリック

 

 

 

 

 

 

 

パーソナルカラーと程々に関わる方法3

 この投稿は眼鏡店様向けです。一般の方はスルーしてね。

 

 メガネ屋さんにとってパーソナルカラーを知る事は検査や加工技術を取得するのと匹敵するぐらいに重要になってきました。しかもやってる所が少ない今だからこそ差別化を図れるチャンス。でも生半可な知識で乱用してしまうと痛い目にあいますよ。

 今回は本を読んだ程度の生半可な知識のままでも少しだけ活用出来る方法をお伝えしたいと思います。しっかり勉強してらっしゃる方が見てたら笑わないでくださいませ。 パーソナルカラーと程々にかかわる方法1から読まれる方はコチラ

****************************************

 

【イエローベース、ブルーベースどう探る?】

序章でもお話ししましたがここから先はある程度パーソナルカラーについての「いろはのい」をご存じの方しか解らないお話しかもしれない。よろしければ安い本で良いのでまずは読んでください。

 

パーソナルカラーにはいろんな流派があると聞いた。

 

イエローベースブルーベースかの2種に分ける流派。

 

*2種のベースカラーに加えそれぞれツヤがあるかマット調かに分類し4種に分ける流派

  ツヤ   +イエローベースは  (SPR)

  マット+ブルーベース は  (SUM)

  マット+イエローベースは  (AUT)

  ツヤ   +ルーベース   (WIN)

このようにパーソナルカラーをフォーシーズンの名前に例えて表現されてる。

なんで春夏秋冬という表現なのかが男の私から見れば余計に不可解なのだが女性好みのオシャレな表現方法なのだろう。いずれにしてもイエローベースかブルーベースかを探る点で各流派は共通しているように思われる。

 

ベースカラーは肌の色や唇の色、瞳の色、髪の色などで判断されるらしいが、

その時点で私はまず行き詰ってしまった。

 

だってファンデーションされたり、髪の色を染められたり、口紅を塗られたりしたらわからないじゃん!たとえ化粧をしてなくても肌を見るだけではブルーベースかイエローなのかもわからない。もともと芋焼酎と麦焼酎の味の違いすら解らない私だ。そんな微妙な違いを私に判断できるはずがない。仕方ないので少々高額の肌スケールを買ってきて肌にあてがってみてようやく違いに気付いたってわけだ。

 

 

【本当の探り方とは】

 福島県新白河の取引店「Coco SHINWA」さんの奥様はオプティカル・カラー・プランナー(O・C・P)の資格をアメリカで取得されたカラーのプロフェッショナルだ。なんでも日本でも24人しかその資格を持ってないという強者だ。困りはてて私は彼女にやり方を教えてもらったんだ。

 

彼女はこう言った。

「午前?時ごろの太陽の自然光がさす部屋の中で、目の白い部分を見て判断する」とのことだった。

 

・・・・・正直そんな事やってらんない。

 

その時点で私はこの道を究めるのはやめる事にして「程々にかかわる道」を選んだというわけさ。つまりお客様に診断結果は告げないが自分の中だけである程度の予測をつけるというやり方だ。情けないだろう?

 

 

【程々に関わる判断グッズの製作1】

〜肌の色を調べる〜

ご本人に診断結果を告げるという責任から逃れられた私は自作の簡易肌スケールを作ったんだ。

高額だった肌スケールは持ち運びが厄介なので、精度は低いが持ち運びに便利な名刺大のコンパクトなものを作ったんだ。ギャラリーに来られるお客様やトランクショーなどで私が財布から出すのをご覧になられた方もいらっしゃるだろう。

 

 下は見本だが実際のは高額の肌スケール帳から切り刻んで貼り付けてありいつ何時でもベースカラーを調べられるように財布に忍ばせてある。(高級スナックなんかで「ママさん。君のベースカラーを調べてあげるよ」なんて声を掛けこの簡易肌スケールを出したらモテモテ間違いなしだが未だそういう機会はない)

 

 

 

お判りかもしれないが上半分がイエローベース、下半分がブルーベースとなる。

これを首筋や腕なんかに近付けて上下どちら寄りかを調べるんだ。

結構解るぞ。

 

【程々に関わる判断グッズの製作2】

〜マット系かツヤ系を調べる〜

先ほどの簡易肌スケールは肌色を調べると同時に右半分はツヤ系。左はマット系に分けてはいる。でも正直言ってこの簡易スケールだけでマット系かツヤ系かと見極める判別は私には全く出来ないんだ。だから別のグッズを作ったんだ。

 

  

左がツヤ系。右がマット系

最初の目論見ではこの2枚のシートを身体の近くに置くだけでその方はどちらかに拒絶反応を示されるだろうと思ってたんだが、、、

 

そんな事をせずとも

私にはメガネで判別できる事に気付いたんだ。

だってメガネほど顔に近づけれるものってないでしょ?

 

つまりマット派かツヤ派かの判断基準は私の作品を掛けてもらって判断してるんだ。

男性ならば作品「EGO」の黒ツヤと黒マット

女性ならば作品「AIDA」の黒ツヤと黒マット

この2作品のデザインはご本人の好き嫌いは別にして誰にでも似合うデザインだ。その同じデザインでマットやツヤかを見極める。

 

黒ツヤも黒マットも2つとも似合う人はまずいない。

どちらかが受け入れられてどちらかが生理的に拒絶される。

どちらも掛けてもらって鏡をお見せするだけで私ごときが判断するまでもない。

そのお客様の表情を見ているとマット系かツヤ系かの答えを瞬時に教えてくれるんだ。

 

【内緒の診断のあとに初めて答え合わせ】

これでマット系かツヤ系か、そしてブルーベースかイエローベースかが解った。

その2つが解ると当然その人のフォーシーズンのパーソナルカラーも答えが出る。

また後日紹介するが、その人の持ち物や服装の色や質感も確かめながら確信を得ていく。

 

そこで答え合わせだ。

私はそこで初めてお客様にこう尋ねる。

「貴方のパーソナルカラーをご存じですか?」とね

私の感覚では約半数の方がご存じだ。

しかし信頼は出来ない。その人達全員がCoCoSHINWAさんのようなプロフェッショナルな人に尋ねたわけではないからね。ひょっとしたら自己判断されただけの答えかもしれない。

 

自分の答えと合っていたなら「詳しくは解りませんが私もそう思うんですよね」と誇らしげに言う。

 

もし違っていたなら見栄を張らずに「予想を外してしまいました」と素直に負けを認める。要するに予想を外すぐらいに見分けが困難な方だという事実が解るだけでも大きな収穫なのだ。服装の色に迷いがある方だったり、似合う色と欲しい色との差が大きい人だったりというような情報も得る事が出来るのだ。

 

ここまでの一連の作業は大体5分以内に終わらせる。

大切なのはこれから先だ。つまり導き出したパーソナルカラーでどうやってその人に似合うメガネを提案できるのかが重要なんだね。

 

 

 

このままの勢いで最後まで書き終えたいが、

そろそろ日曜から始まるギャラリー一般公開に気持ちを切り替えるので

この続きは次の機会に

 

パーソナルカラーと程々に関わる方法4はコチラをクリック

 

【おまけ記事】

北海道でチェーン展開をしてらっしゃるメガネのプリンスさんが

こんなスマホアプリを発表してたぞ。

「メガプリ-パーソナルカラーサーチ」(AppStoreで「メガプリ」で検索)

顔写真を撮ってその人のパーソナルカラー(春、夏、秋、冬)を検出しお店の定番メガネから選ばれたデザインをバーチャルで顔画像に乗っけてみて気に入ったら通販というサイトだ。パーソナルカラーが機械的に瞬時に解るのならとてもありがたいアプリじゃないか!!もしこんなのが世に出回ったら焦る職業の人も多いだろうに。

 

どこまで信憑性があるのか解らないのでさっそく自分の顔で実験してみた。

1回目=冬

2回目=秋

3回目=冬

4回目=夏

ってかバラバラやん!(正解は夏)

写真の撮り方が悪いのかな?もう少し工夫してみる。

 

 

 

 

パーソナルカラーと程々にかかわる方法2

この投稿は眼鏡店様向けです。一般の方はスルーしてね。

 

 メガネ屋さんにとってパーソナルカラーを知る事は検査や加工技術を取得するのと匹敵するぐらいに重要になってきました。しかもやってる所が少ない今だからこそ差別化を図れるチャンス。でも生半可な知識で乱用してしまうと痛い目にあいますよ。

 今回は本を読んだ程度の生半可な知識のままでも少しだけ活用出来る方法をお伝えしたいと思います。しっかり勉強してらっしゃる方が見てたら笑わないでくださいませ。 パーソナルカラーと程々にかかわる方法1から読まれる方はコチラ

****************************************

 

【あいまいなカラー診断がもたらした悲劇】

 ある取引店さんでの出来事。

店頭でたいへん気に入ったメガネに出会われたご婦人。

でもなにか迷ってらっしゃるご様子。

その理由を聞いたところご婦人はこうおっしゃったそうな。

「カラー診断の先生に以前言われたの。私には赤のメガネしか似合わないって」

気に入られたメガネは赤じゃなかったんだね。それでそのご婦人買わずに帰られたんだって。

 

 私が推測するにその先生はそんな事を言うはずがないと思うんだ。

赤は赤でもオレンジっぽい赤もあるし青みがある赤もある。赤なら何でも合うわけはない。

それに赤のメガネしか似合わないって事は絶対ありえないしそんな事をカラーの先生が言うはずがないんだ。

色で遊べる楽しさを教えるのが彼らの仕事。それにプロであれば肌の色がどうであれコーディネートは朝飯前なのが当たり前。

まさか「赤しか似合わない」なんて言葉をいうわけがないんだ。

 

でも結果的に相手にはそう伝わってしまっているのだから同じ事だ。

まるでイカサマ予言者のようになりかねない。

 

つまり素人さん相手に「赤のメガネにしなさい」と要点だけを曖昧に教えても間違って伝わるだけの怖い世界なんだ。

診断を下すにはそれなりの資格が必要だと思うし、診断を下される側の方もそれなりの理解力と知識が必要になる。

もちろん「カラー検定〇〇級所有」というようなレッテルだけの資格ではこういう事態になりかねない。本当の意味でのプロフェッショナルとしての資格だ。

 

いきなり「貴方は春です」と言われてもね・・・相手は何の事やらって話になるわさ。

 

 それを商売にして生計を立てるつもりならばそれなりの研究と努力と責任が必要で、1円の儲けにもならないからと1冊本を読んだぐらいの知識だけでそれをひけらかすと悲劇のもとになる。

そ-こ-で-・・・・

 

 

【メガネ屋さんはどうやって程々にかかわるのか】

結論から先に言うと

診断はしても診断結果は下さない

私はこうしてるんだ。

 

つまり

*まず自分なりにお客様のパーソナルカラーを突き止める。

*しかしお客様には告げない。

*次にお客様に尋ねてみる。

「あなたのパーソナルカラーはご存じですか?」と。

*それで自分の診断と同じかどうかを確認するんだ。

 

お客様にパーソナルカラーを尋ねると女性ならば半数ぐらいの人が答えてくれる。男性ですら答えられる人もいる。

でもそれが必ずしも正解とは限らない。正式な診断師の人から教えてもらったのかもしれないし、ネットでの簡単なアンケートで導き出したいい加減なものかもしれない。だから前もって自分なりの答えを導き出してから尋ねるようにしているんだ。

 

 次回はパーソナルカラーについてもう少し深く掘り下げる事にします。

パーソナルカラーをご存じない方でもある程度ご自身の「似合う」をご存じなはず。

私にはゴールドの時計よりシルバーの方が似合うとか

マットな靴よりエナメル調の靴が好きとか。

青の服は1着も持ってないけどオレンジ色の服はたくさん持ってるとか・・・

それらの曖昧な感じを一つに法則に縛ろうという話。

 

プロならばパーソナルカラーを外しても何でも合わせちゃう世界なんだけど、

要するに素人が何も考えなくても似合っちゃう方法というわけだ。

 

それではまた次の機会に

続きにジャンプするにはココをクリック

 

 

パーソナルカラーと程々にかかわる方法1

この投稿は眼鏡店様向けです。一般の方はスルーしてね。

 

 メガネ屋さんにとってパーソナルカラーを知る事は検査や加工技術を取得するのと匹敵するぐらいに重要になってきました。しかもやってる所が少ない今だからこそ差別化を図れるチャンス。でも生半可な知識で乱用してしまうと痛い目にあいますよ。

 今回は本を読んだ程度の生半可な知識のままでも少しだけ活用出来る方法をお伝えしたいと思います。しっかり勉強してらっしゃる方が見てたら笑わないでくださいませ。

****************************************

 

【序章】

「えー!メガネを選ぶ際にパーソナルカラーを尋ねられたことなんて初めて!感動!」

これがギャラリーに来られたお客様が口にした言葉。

 

これまでに眼鏡屋さんとそういう話にはならなかったので自力で選ぶしかなかったそうだ。

お客様は知ってるのに店員はその存在すら知らない。

その時点でお客様は店員をバカにして頼らなくなってしまう。

それでもつきまとうものなら鬱陶しく思われて客は自力で選ぶことすら面倒になり退散する。

 

 そんな経験ないですか?

 

 特に女性ならば半数ぐらいの人がご自身のパーソナルカラーぐらいはご存知のはず。

ただそれを活用する方法まではご存知ないだけの話。

そこに救世主が現れたらそりゃ嬉しいでしょうに。

 

 極めたい方ならばそれを極めればいいが、

眼鏡を売る立場の我々がカラー診断なんかしても

はっきり言って1円の儲けもないのに責任だけ重い。

その道で食っていくつもりもないので私はそこまで極めるつもりはないんだ。

要は似合う眼鏡を提案出来ればそれでいい。

 

 最初は簡単な本を読む程度で構わない。

たかが1〜2千円とそれを読む2〜3時間の投資だけで得るものは必ずある。

必要性がどーのこーのと悩んでいる時間内で読めちゃうだろうよ。

 

ちなみに私が読んだ本はこれ。

トミヤママチコさん著「はじめてのパーソナルカラー」

(本の表紙を撮影しようと思ったがどうしてもその本が探しても見つからない)

他にももっといい本があるのかもしれないけどね。

 

余談だがパーソナルカラーにはいろんな流派があるみたいだ。
 たとえばフォーシーズンで分けてる流派とブルーベースイエローベースの2つだけで分けてる流派とかね

どの流派が正しいのかなんて私にとってはどうでもいい

ひとつ言えるのは流派がわかれるほどにまだまだ確立させてない未開の分野だということだ。

 

さて問題はこれからだ。

すなわち眼鏡屋さんとして

パーソナルカラーと程々に関わっていく方法こそが重要なのだ。

パーソナルカラーをここで説明するつもりはない。あくまで上に示した本などを読んである程度おおざっぱな知識を得たものとしてそれを前提にお話しするつもりだ。

次回にジャンプ=ココをクリック