強度近視に最適なメガネフレームって?

今回のブログはちょっとした自慢話だ。

強度近視の人にどうしても伝えたいから自慢する恥を忍んで書くね。ウザいと思われる方は読まないでね。

 

 

強度近視の人はレンズが分厚い。

でもレンズの中央部は紙のように薄いんだ。

要するに中央部から離れれば離れるほどにレンズが厚くなってしまう

 

メガネ屋さんによってはレンズの厚みを極力薄くしたいという理由で小さいメガネを勧めるところが大半を占める。結果何ミリ薄くなった!と一人で喜んでいるんだ。でもレンズの薄さを追求するあまりに大切な事を見落としてしまっている。

 

いくら薄くなったとしても顔に似合ってなければ意味がないという事だ。

 

大切な要素として

1、実際の重量よりも見た目の重量感を軽減してください。

 レンズの厚み。つまりフレームからはみだす部分を覆い隠そうと太いメガネを勧められる。「どうです?フレームから〇ミリしかはみ出てないですよ」と自慢されてもフレーム自体が厚ければ意味ないじゃんね。小顔の女性に分厚くて重そうなメガネフレームは可愛そうだよね。せめて軽そうな色にすればマシだけど黒ブチで太いのんなんかは最悪だ。

 

2、実際に何ミリはみ出るかよりも前から見て目立たないかを優先してください。

たとえばフチなしメガネは目立たないはずだからと言って強度レンズをいれちゃう店もあるけれど、あれは逆に「レンズの厚みをご覧ください」と自慢してるようなものだ。丸裸だからね。もっと視点をそこからズラさなければならないんだ。

 

3、レンズの有無に関係なく、目が大きく見えるデザインを選んでください。

近視レンズを入れると必然的に目が小さくなる。アイメイクをはっきりさせればちょっとは軽減できるがそれも限度がある。せめてレンズを入れてない段階でも目が大きく見えるデザインが望まれる。レンズを入れてもいないのに目が小さく見えるメガネは論外って事だ。

 

太くて。

見た目が軽そうで。

レンズの厚みなんてどうでもよくなるほどに別のポイントを魅せるデザインで。

まるでアイラインをひく様に目が大きく見えるデザインで。

 

え??そんなメガネあるの????

実は...あるですよ!(←安っぽいTVショッピング風な言い回しでお読みください)

 

「シリーズ着物と眼鏡」でご協力いただいたゆず子さん。

今回ご協力いただいた謝礼として現物支給で申し訳ないけれど作品「PORNO」をプレゼントしたんだ。

さっそく彼女はPORNOに度付きレンズを入れたあと写真を撮って私に送ってくれたんだ。

 

彼女は強度近視,強度乱視とは聞いてはいたが写真を見る限りでは「それほど悪くもないやん」と思ってた。

しかしあとで正確なレンズ度数を聞いて私自身がビックリしたんだ。

専門用語は書かないが2桁に近いほどに強く厚いレンズ度数だったんだね。

作者でありながら少々身震いがした。全然目が小さくなってないやん!ってな感じでね。

その効果を最初から狙っていたならば実にカッコいいが、←ぶっちゃけ偶然のたまものなんだけどね。

 

 

 

 

これは自慢したくもなるでしょ!ってか自慢し過ぎ??

今日のところは許してください