久々にメガネのデザインをした。

 日付が変わったので昨日の話。

自宅で考える仕事をするには誘惑が多すぎて集中出来ない。そんな時は1kmほど離れた大垣競輪場に行き特別観覧席に陣取る。


 競輪の事は全くわからないが、自宅のような誘惑もなく落ち着いて考える事が出来る。


約半年ぶりにメガネのデザインを描いてみた。
しかも競輪場で。
しかも1分で。



家に持ち帰って早速図面に落とし3Dでモデリング。半年ぶりにしてはなかなか良くない?



 浮かび過ぎるアイデアで頭が変になってたあの頃。半年は描かずに我慢しようやく正常に戻った気がするが、画風はやはり異常だな?


たぶんカブトムシやカミキリムシのフォルムを研究してたからだろう。



自宅では仕事出来ない人

自宅ではいろんな誘惑があって、考える様な仕事は全く出来ない。


そんな時は自宅から1キロ離れた大垣競輪場に来る。本場レース開催日は多少の入場料はあるらしいが、ほとんどが他地方の場外馬券売り場と化すので入場無料。私がいる室内特別観覧席も無料。お茶も無料。



競輪もしないのに大垣競輪さんには申し訳ないが、ここにいるとメガネのデザインが30秒で描けるんだ。

競輪新聞はカモフラージュだがレースが始まると何色が勝つかの勝敗はちゃんと見てる。しかしレースの仕組みや車券などの仕組みは全く知らない。一度知ったらハマってしまいそうなので調べないことにしてる。

#大垣

久々の「影郎に訊け」のコーナー

これから(っていうか今更?)ブログを始めようとしてるメガネ屋さんからの質問。


【メガネ屋さんのブログは何を書けばいいの?】

※今日食べたものの写真
※お客様からの差し入れのお菓子
※リア充な旅日記
※複数のお客様が重なった時を見計って店内風景写真
※競合店への批判
※飲み会でイェーイしてる風景
※やたら文字数が多い専門知識
※思ってなくとも「感謝」という文字を1日1回使用 


等。

仕事メガネの定義は2通り

【仕事用メガネの定義】

仕事用としてのメガネを希望される方がいる。 「仕事用=出来るだけ周囲にとけこむ地味メガネ」と捉えてる方もいれば、

「仕事用=顔を覚えてもらいやすいメガネ」ととらえる人もいる。


仕事内容はもちろん、その仕事に対してどう向き合ってる方なのかを見極める必要があるんだ






岐阜県JR大垣駅前 影郎アイウェアギャラリーご予約は3日前までに。詳細は公式web

1/19 12:00〜18:00は予約不要の一般公開日