メガネの選び方講座初級編12

【メガネの値段は貴方自身の価値?】
**************

 古くから使っていたボロボロの財布。

最近その財布に穴があいて小銭がボロボロと落ちてしまうんだ。
 いつもカミさんには怒られていた。

大のおとながそんなボロボロの財布を使ってちゃみすぼらしい。それにそんな財布を持ってて運気があがるわけないでしょ?人前に出すのも恥ずかしいでしょ?」ってね。

 

 見るに見かねて誕生日に新しい財布をプレゼントしてくれたんだけど、やはり使い慣れた方がいいので私は無理やりボロボロの財布を継続して使ってたんだ。もちろん人前で財布は出さなかったからね。でもお金が穴から落ちてしまうのにはさすがの私もギブアップ。やむなく新しい財布に切り替えたんだ。

 

 最近流行りの激安メガネ。

プラスチックフレームは素人目で見ても安っぽいのがすぐにバレるがメタルフレームは外見上だけは素人さんなら騙せるぐらいのものも増えてきた。

しかし3千円は3千円。
どんなに薄利多売をしたとしてもひとりのスタッフさんが家族を養えるだけの普通の給与をもらうためには3千円のめがねの原価がどれほどのものかは皆さんにも薄々理解できるでしょう?

 

 これまでの人生を長年連れ添ってきた自分の顔にそんな売価3千円のメガネを載せるのって皆さんは抵抗無いのかな?

ボロボロ財布ならば人前に出さなければ問題ないが、顔はそんな事言ってられないでしょ?貧乏症の私ですらそれは恥ずかしいと感じる。100均のパンツは履けても100均のネクタイはさすがに買わない。

{メガネの値段は貴方のこれまで歩んできた人生の価格}
これはちょっと言いすぎかな?

でも顔の真ん中に載せるものだからちょっとだけ気を使っていただきたい。

かといって権力を示したいのかどうか知らないけど老人でもないのに10万円も20万円もする金無垢のメガネを掛けてるのは私は嫌らしいと感じる。はっきり言って金無垢のメガネが似合うのは70〜80才以上かな。

 

今は中くらいでいいんじゃない?

 

だから私のブランドもその中くらいの価格帯(フレームだけで2.5万〜高くて4.5万)での作品作りにこだわった。それ以上高い値段をつけてたならばもっとやりたい事もあったのだけどそれはやめたんだ。
でもね。

 

芸術の分野でもう少し認められるようになってきたら金無垢素材を使わずにでも10万円クラスのメガネを作ってみたいとも思ってるんだ。

 

 

 

 

#メガネの選び方講座初級編

メガネの選び方講座初級編11

メガネを選ぶ時の距離にはご注意を

***************
メガネ屋さんでメガネを選ぶ際には当然鏡に映った姿を見る。近視の人が多いから手鏡を30cmぐらいに近付けて見てらっしゃる。

 実はこの行為は私のデザインにとっては結構不利なんだ。

なぜなら30cm近くで見た時のビジュアルってあまり考慮してないデザインだからだ。

 

 

 宝塚の女優さんって凄いメイクをしてるでしょ?
でもあれは舞台メイクであって2階席からでもメリハリや表情の演技も解るようにしたいからそうするんだ。30cm手前に客なんていないからね。メガネをデザインする時も30cmの距離の事は全く考えてない。だって貴方に30cmまで接近出来る人ってよほど愛する人か愛する眼鏡デザイナーだけでしょ?

 

図19をご覧ください。

 


大体で申し訳ないがこれが彼氏彼女が貴方を見つめる距離であり、そして手鏡を持ってメガネを選ぶ距離である。

Aは黒いプラスチックフレーム
Bは地味なナイロールフレーム
Cは私の作品KILIKO

この距離で見るとBの地味ナイロールは全然地味じゃない
むしろ私の作品なんかはやり過ぎだよね。まさに舞台女優のメイクだ。

 

 

図20は人と対話する距離。


Bはとたんに地味になる。目が悪いと訴えているようなメガネ。Cの私のメガネは30cmで見た時よりも顔に溶け込んでいるのが解るかな?

 

 

図21は街で見かける距離


実際はこの距離が一番多いんだよね
Bはちょっと痛々しい。
Cの私のメガネもさっきまでは派手だったのに急に薄らいできてしまってるでしょ?私のメガネの長所であり欠点でもある。この距離で存在感があるのは実はAのプラスチックフレームなんだ。

 

 

最後は図22。

宝塚の舞台を最前列で見る距離。
全部アウトになってしまったでしょ?これでは足りないんだよね。メガネアイドルさんが遠方からでも確認できるプラスチック製の赤のメガネを掛けてる理由がおわかりでしょ?

 

 でも舞台に立つ女性でなければ2〜3M先を意識してその距離から鏡をみてのメガネ選びをしてください。

(もちろん30cm手前の彼氏にだけもてたいのなら30cmでいいけどね。)

するとお客さんは決まってこう言う。
2mも離れると鏡が見えないよ!ってね。
実はぼやーってしてた方が好都合なんだよね。
「メガネを掛けているのかどうかがギリギリわかる距離まで近づいてください」というんだ。ボケた状態でもいいからその位置で掛け比べていただくのが一番判断しやすいんだよ

 

 

まとめにも書いておきましたので御覧くださいませ。
今日も長文失礼しました。

 

余談だけど鏡がはっきり見えない近視の人のために着用写真を写してあげるあの機械。あれってあんまり効果ないんだよね。自分の無防備の時の顔って正直見るのも嫌じゃん?そうなるとメガネ選び自体も嫌になるんだよね。私だけかな。もしやるならばプロカメラマン並みの人に撮ってもらうといいけどね。

#メガネの選び方講座初級編

パーソナルカラーと程々に関わる方法 最終回

この投稿は眼鏡店様向けです。一般の方はスルーしてね。

 

 メガネ屋さんにとってパーソナルカラーを知る事は検査や加工技術を取得するのと匹敵するぐらいに重要になってきました。しかもやってる所が少ない今だからこそ差別化を図れるチャンス。でも生半可な知識で乱用してしまうと痛い目にあいますよ。

 今回は本を読んだ程度の生半可な知識のままでも少しだけ活用出来る方法をお伝えしたいと思います。しっかり勉強してらっしゃる方が見てたら笑わないでくださいませ。 パーソナルカラーと程々にかかわる方法1から読まれる方はコチラ

****************************************

※ある方から私が使ってる名刺大の簡易肌スケールをもらえないかとご依頼ありました。本当はカラーチップを貼り付けて作るのですがちょい面倒なので、誠に恐縮ですが印刷で作ったものを差し上げる事にしました。 これから仕上がる新作に関してもパーソナルカラーを駆使した作品になりますので前もって全取引店様宛差し上げることにしました。簡易肌スケールとパーソナルカラー別チャート(印刷版)後日郵送させていただきます。

 

さて本日のこのテーマは最終回。

手順のみを簡単にまとめます。

 

1.診断こそしないが瞬時に予測はする。

持ち物や服装などからこの人はマットかツヤか、イエローベースかブルーベースかの2項目を入店時すぐに予測する。すると春夏秋冬の答えが導き出せる。この作業は約1分

似合うデザインを導き出す為の準備段階としてその人の顔を中心とした骨格、マイナスイメージ、プラスイメージ、予想される好み、予測されるメガネの度数などを把握。そして作り上げたいイメージをおぼろげで構わないので自分なりの考えを持つ。その間約2分。

   その間はお客様に質問などしない。

「デザインのプランを練りたいのでしばらくお客様を眺めさせてくださいね」なんて最初に断りを入れると変人に思われないぞ。

この時間にお客様から「こんなメガネが欲しい」と要望されることがある。それを脳の4分の1で適当に聞いておく。ニーズに合ったものを提示する義務があるからね。しかし、「それとは別にメガネ選びのプロとしてあなたにかけてもらいたいデザインも同時にお見せして構いませんか?」なんて謙虚な態度で提案してみるといいね。きっとお客様は初めて商品よりも店員さんに意識が移り感動されるよ。「ホホー言ってくれるわねー」ってな感じでね。ここから人間と人間の交流が始まる。まさにこの仕事の醍醐味がある。素人さんのニーズに合ったメガネを探すだけの仕事なら通販眼鏡店に任せとけばいいんだ。

 

2.パーソナルカラーを相手に尋ねてみる。

「あなたのパーソナルカラーってご存知ですか?」とここで初めて尋ねてみる。約半数の方が答えられる。(その答えが合ってるかどうかは信じない方がいいけどね。)もしご存知なくてもこの質問をするだけで眼鏡店としての格が上がること間違いない。

 

3.マット系かツヤ系かを実験判定

4.ブルーベースかイエローベースかを実験判定

     やり方はこれまでこの講座で示した通り。

 

5.総合して判断

お客様の答えと合ってた場合。

「私はカラーに関して多少の知識しかないんですが、私も(春)だと思いました。」

お客様の答えと違っていた場合。

「あー、予想を外しちゃった!私はてっきり(秋)だと思ってた!」って私は言うんだ。これは演技でもなんでもなく正直な言葉だ。するとお客様がご自身の答えの正確性を説明してくれたり、同調してくれたり、教えてくれたりする。楽しいぞー。

 

 

6.判断したパーソナルカラーのカラーチャートを提示し服装や持ち物に沿ってるかを判断し確信を得る。

 

7.お客様のお顔に合わせてメガネのデザインを、判断したカラーチャートに合わせてメガネの色を提示する。

 

 

 さてさて

私の作品にはあらかじめspr.sum.aut.winという4つのパーソナルカラーで示した作品がある。ぶっちゃけ言えばあまりこのカラーネームは付けたくなかったんだ。もっと曖昧な色名にしたかったんだけどまだその段階じゃないと判断して仕方なく付けたんだ。ここのところはわかって欲しい。

 

8.別のカラーチャートの上に載せてみて悪い例をも提示する。

 

9.パーソナルカラーなんてコーディネート次第でどうにでもなる事。要するにテーマを決めてそのテーマに沿った色を貫くことを完結明瞭に説明。

(時間的余裕があれば全く違うパーソナルカラーでまとめ、コーディネートを簡単な道具だけで実演してみせるのも効果的)

 本で得た知識を駆使してもきっとお客様の方がよくご存知の場合が多い。上から目線で教えるのではなく謙虚な気持ちでお客様に教えてもらうという態度が必要。そしてお客様と一緒にプランを練るという姿勢を保つこと。

 

 

 

・・・・以上が私流の「程々に関わる」やり方です。

あまりに適当すぎて専門の方が見たら笑わわれそうな内容ですみません。

パーソナルカラーの講座は以上で終わります。

 この他にもこのブログの「メガネの選び方講座」カテゴリーにはデザイン面でのいろんな仕掛けを書いておりますので、拙い文章ではございますが合わせてお読みくださいませ。

 

「パーソナルカラーと程々に関わる方法」の

バックナンバーへは下をクリック

1話

2話

3話

4話

 

パーソナルカラーと程々に関わる方法4

この投稿は眼鏡店様向けです。一般の方はスルーしてね。

 

 メガネ屋さんにとってパーソナルカラーを知る事は検査や加工技術を取得するのと匹敵するぐらいに重要になってきました。しかもやってる所が少ない今だからこそ差別化を図れるチャンス。でも生半可な知識で乱用してしまうと痛い目にあいますよ。

 今回は本を読んだ程度の生半可な知識のままでも少しだけ活用出来る方法をお伝えしたいと思います。しっかり勉強してらっしゃる方が見てたら笑わないでくださいませ。 パーソナルカラーと程々にかかわる方法1から読まれる方はコチラ

****************************************


【パーソナルカラーなんてコーディネート次第でどうにでもなる】

 

 パーソナルカラーにはいろんな流派があると言う話を以前にした。イエローベースかブルーベースの2通りに分ける方法。それぞれにさらに艶があるかマットかを分類し春夏秋冬のフォーシーズンに分ける方法。

 

これは個人の見解だ。素人のたわごとかもしれないから最初に断っておくが、

艶かマットかはある程度年齢によって変わってくるもんじゃないかなと思うんだ。

例えば私はこの歳でテカテカのバックなんかは持ちたくはない。だけど若い頃は大好きだった記憶がある。つまり今のパーソナルカラーは夏だが昔は冬だったかもしれない。だからイエローかブルーかの2通りだけに分ける方がいくらか信憑性があるようにおもえるんだ。この白毛頭に濃い色の帽子を被ってツヤツヤのバックを背負い、コントラスト高めの服を着るだけで夏のパーソナルカラーが冬にもなり得る要素があるんじゃないかな?

 

 肌色に関してもそうだ。プロの鑑定士しか判別出来ない程に難しいものならばさほど神経をとがらせる必要ないんじゃないかな?

 

つまりパーソナルカラーなんてものはコーディネート次第でどうにでもなるんじゃないかな?って事だ。

 

大切なのは

ごちゃ混ぜチャンポンにせずに

春夏秋冬のどの自分を演出するかに絞って考えていく事の方が

大切なようにおもえるんだ。

 

私の作品「KANI」は春夏秋冬4種のパーソナルカラー毎に作ってある。

冬のカラーチャートの上に冬と秋のカラーを施した2本のKANIを載せると調和するのがどちらのKANIかお分かりいただけたと思う。

(冬のカラーチャートの上に秋と冬のKANIを載せてみる)

 

 

同様にこの2本のメガネを秋のカラーチャートの上に載せてみる。調和するのは先程と逆になる。

 

(秋のカラーチャートの上に秋のKANIと冬のKANIを載せてみる)

 

 

 

まとめ。

パーソナルカラーなんてものは多少違っていてもコーディネート次第でどうにでもなる。

重要なのは春夏秋冬をごちゃ混ぜチャンポンにしないで方針を決めてかかるといいって事だ。

 

専門の先生方。

間違ってたらごめんなさい。

 

 

【私がやった訓練方法】

理論だけは解っても実績を積んでないとなかなか身につかないものだ。

カラー診断なんて最初からする気はないが出来れば予測だけは立てれるようになりたい

そこで私はこういう訓練をしたんだ。

 

*街ですれ違う老若男女100人に対して心の中でマット系の人かツヤ系の人かを言い当てる。

*街ですれ違う老若男女100人に対してブルーベースかイエローベースかを心の中で言い当てる。

もちろん肌スケールなんかは使わないで肌、唇、持ち物、服装などから判断するんだ。

  

この2つが解るようになるとフォーシーズンのパーソナルカラーが判明出来る。

 

慣れてきたらテレビに出てる俳優さんをいちいち診断してもおもろいね。

もし複数でテレビを見てるならパーソナルカラー言い当てゲームをしてみても面白い。

 

そして仕上げはちょっと上級になるが

*巷にあるあらゆる物。たとえばショーウィンドウにある服やバック、ディスプレイ、看板、部屋など、、、人以外のあらゆる物に対してこれらを春夏秋冬に分類分けしてみるんだ。

 

 

あまりジロジロ見てると不審者に間違えられるので気をつけてやってみてくださいね。

 

さて次回はいよいよ最終回

最終回へジャンプするならコチラをクリック