12/7,8京都イベント 持参作品決定

以下が京都イベント「眼鏡迷宮」(着物と眼鏡のペアリング)に持っていく選抜作品だ!

 

各地のイベントで持参出来る作品の本数は大体100本。岐阜のギャラリーの在庫は決して多いわけではないがそれでも100本に絞り各地へ持っていかなければならない。クリマで持参した選抜作品をそのまま京都のイベントに持っていくつもりだったが客層が全く違うために選抜メンバーを入れ替える事にした。

 

なお今回は現地での販売も考えている。その為のプレフィッティング道具を持ち込む。現地でのレンズ販売は不可能のためそのご相談に対応するべく京都の眼鏡屋さんも招待している。釣り銭や領収証も持ち合わせないので出来ればクレジットカードでのご利用をお願いしたい。なかには貴重作品もあるのでどうしてもそれが欲しい方は12/7(土)13:00に買いに来てくださいませ。

 

 

  

作品【VERONICA】


自分の中では地味な方として捉えていた作品「VERONICA」ベロニカ。


「巷のメガネに比べれば派手ですよ」と言われてしまった。


確かにフロント左側だけ写真に撮ると怒ってるデザインだけど右側と合わせるとそうでもないんだけどな。

左右違う時点で論外???

 この作品は細い。

重いメガネが好きという人はごく僅かだろうけど、私が気を使うのは見た目の重量感をも軽減したいと願った作品。特に可愛い女性が重そうなメガネをしてるのは勿体ないよね。


しかしながら一般のアセテート生地ではすぐに変形や破損は免れないから、このベロニカは硬いセルロイド生地で作ってある。鯖江の有名なセルロイド職人集団でもあるマコト眼鏡さんによる制作だ。


 セルロイドはアセテートに比べてカラバリこそ少ないがこの安定感は桁外れ。




まるでブランド管の配色?

ギャラリー所蔵最後の1本。

【poison5エスニック】

赤青黄という実にキテレツ配色で七宝を施してある。

 

 

接近すると昔のブラウン管テレビの様だが、遠目にみるとエスニックな配色に見えてくるから不思議。

 

これはシンガポール航空のCAさんのユニフォームからヒントを得たんだ。

 

なくなる前にここに記録を残しておきます。

 

ところで17日(日曜日)は

青森県八戸市 影郎個展 最終日

そして岐阜県大垣市の影郎ギャラリーは一般公開日となっております。ぜひお越しあれ

 

 

 

RTしてくださいね!

     

 

   

  

取引店リストおよび連絡先は公式WEBをご覧ください

http://www.ogaki-tv.ne.jp/~kagero/99_blank007.html

在庫お問い合わせの上お出かけくださいませ。

**************************

 

影郎流#キモノメガネの定義

 

 

実に奥が深い事を言うつもりだったが、言葉でそれを表現するだけの文章力がどこの引出にも入ってなかった。

要するに綺麗であればよいのだ。大切なのは「着物の魔力に負けないメガネであるべきだ。」

 

 

 

RTしてくださいね!

     

 

   

  

取引店リストおよび連絡先は公式WEBをご覧ください

http://www.ogaki-tv.ne.jp/~kagero/99_blank007.html

在庫お問い合わせの上お出かけくださいませ。

**************************