強度近視に最適なメガネフレームって?

今回のブログはちょっとした自慢話だ。

強度近視の人にどうしても伝えたいから自慢する恥を忍んで書くね。ウザいと思われる方は読まないでね。

 

 

強度近視の人はレンズが分厚い。

でもレンズの中央部は紙のように薄いんだ。

要するに中央部から離れれば離れるほどにレンズが厚くなってしまう

 

メガネ屋さんによってはレンズの厚みを極力薄くしたいという理由で小さいメガネを勧めるところが大半を占める。結果何ミリ薄くなった!と一人で喜んでいるんだ。でもレンズの薄さを追求するあまりに大切な事を見落としてしまっている。

 

いくら薄くなったとしても顔に似合ってなければ意味がないという事だ。

 

大切な要素として

1、実際の重量よりも見た目の重量感を軽減してください。

 レンズの厚み。つまりフレームからはみだす部分を覆い隠そうと太いメガネを勧められる。「どうです?フレームから〇ミリしかはみ出てないですよ」と自慢されてもフレーム自体が厚ければ意味ないじゃんね。小顔の女性に分厚くて重そうなメガネフレームは可愛そうだよね。せめて軽そうな色にすればマシだけど黒ブチで太いのんなんかは最悪だ。

 

2、実際に何ミリはみ出るかよりも前から見て目立たないかを優先してください。

たとえばフチなしメガネは目立たないはずだからと言って強度レンズをいれちゃう店もあるけれど、あれは逆に「レンズの厚みをご覧ください」と自慢してるようなものだ。丸裸だからね。もっと視点をそこからズラさなければならないんだ。

 

3、レンズの有無に関係なく、目が大きく見えるデザインを選んでください。

近視レンズを入れると必然的に目が小さくなる。アイメイクをはっきりさせればちょっとは軽減できるがそれも限度がある。せめてレンズを入れてない段階でも目が大きく見えるデザインが望まれる。レンズを入れてもいないのに目が小さく見えるメガネは論外って事だ。

 

太くて。

見た目が軽そうで。

レンズの厚みなんてどうでもよくなるほどに別のポイントを魅せるデザインで。

まるでアイラインをひく様に目が大きく見えるデザインで。

 

え??そんなメガネあるの????

実は...あるですよ!(←安っぽいTVショッピング風な言い回しでお読みください)

 

「シリーズ着物と眼鏡」でご協力いただいたゆず子さん。

今回ご協力いただいた謝礼として現物支給で申し訳ないけれど作品「PORNO」をプレゼントしたんだ。

さっそく彼女はPORNOに度付きレンズを入れたあと写真を撮って私に送ってくれたんだ。

 

彼女は強度近視,強度乱視とは聞いてはいたが写真を見る限りでは「それほど悪くもないやん」と思ってた。

しかしあとで正確なレンズ度数を聞いて私自身がビックリしたんだ。

専門用語は書かないが2桁に近いほどに強く厚いレンズ度数だったんだね。

作者でありながら少々身震いがした。全然目が小さくなってないやん!ってな感じでね。

その効果を最初から狙っていたならば実にカッコいいが、←ぶっちゃけ偶然のたまものなんだけどね。

 

 

 

 

これは自慢したくもなるでしょ!ってか自慢し過ぎ??

今日のところは許してください

都道府県別人口をメガネ屋さんの数で割ると??

【都道府県別人口をメガネ屋さんの数で割ると??】

 

人口が一番多い都道府県はなんといっても

東京だ。

1,380万人とも言われている。

次いで神奈川、大阪、愛知、埼玉、千葉、兵庫、北海道、福岡、静岡の順で続き、人口の一番少ないのは鳥取県56万人となるらしい。

(*注意! ここに書く数字は私が適当に調べたものだから信憑性に欠けるものと思ってください。)

こうしてみると意外にも北海道の人口は福岡よりも多いのに驚いたが何しろ広大な土地だからこうなるのだろう。人口密度を見たら北海道がダントツのワースト1位なんだからね。

 

 

 さてさて我々眼鏡業界の人間が気になるのは各都道府県別の眼鏡小売店の数だろう。

根気よく調べればよいのだがそんな事をやってる暇はないのでネットでいろいろ探ってみた。かなり古いデータだがそれは見つかった。

 

眼鏡店の数が一番多い都道府県は???

やはり東京だった。

約1,500店舗もの眼鏡店があの狭い面積の中でひしめき合ってるわけだ。

次いで大阪、神奈川、愛知、福岡、埼玉、兵庫、北海道、千葉、静岡と続き、ワースト1位(すなわち都道府県別で眼鏡店が一番少ないところ)は鳥取県で約100店舗あるらしい

しかしこんな数字はあまりピンと来ない。都道府県によって面積が全然異なるわけだからね。たとえば一番大きな北海道の面積{8万3千km2)は一番小さい香川県(1873km2)の44倍にもなるわけだからね。

 

*さてさてここでメガネ屋さんに質問です。

都道府県別人口を都道府県別眼鏡店の数で割ってみる。

すると眼鏡店1店舗に対しての人口がはじき出されるというわけだ。

つまり上位であればあるほどメガネが売りやすい県であるという何一つ根拠のない順位がたたき出される

 

 問1)人口の割にメガネ屋さんが少ない土地

   トップ10はどの都道府県でしょうか?

     第1位、2位、3位、4位、5位、6位、7位、8位、9位、10位       

 

 

 問2)ワースト3はどこの都道府県だと思いますか?

     第47位、46位、45位

 

答えは一番最後に小さく書きます

経営者は結構こういう統計的な数字に興味を持つ人が多い。私の知り合いのメガネ屋さんもそうだったがやたらその辺に詳しいのだ。

でも笑っちゃうのはそのメガネ屋さんのお隣に住んでる住民は余所のメガネ屋さんでメガネを買ってるようだ。いくら統計に詳しくても足元は見えていらっしゃらないようだ。

 

 

 

 

 

 

答えはこちら

問1)トップ10はどの都道府県でしょうか?

     第1位、埼玉県(1店舗あたり11,000人)

     2位神奈川、3位千葉、4位沖縄、5位宮城、6位東京、7位愛知、8位栃木、9位熊本、10位大阪       

問2)ワースト3はどこの都道府県だと思いますか?つまり人口の割にメガネ屋さんが多い土地ってことだ。

     第47位 徳島 (1店舗あたり 5,200人)

      46位山形、45位長崎

つまり埼玉県のメガネ屋さんは徳島県の倍は売れるはずという事だ。頑張れ!どっちも!まずは目の前のお客様を感動させる事から始めよう!

 

*繰り返しますがここに記載の数字は暇つぶしのために適当に拾った数字なので信憑性はありません

 

 

 

関係者以外閲覧禁止!吉祥寺イベント企画叩き台

本能に任せる3時間 吉祥寺イベント

 

 

ギャラリーのご予約が連日続いている。

そんな中でも6/29,30に行われる名古屋クリエーターズマーケットの為の荷物の準備を終えた。実はこのクリマのイベントはあまり緊張してないんだよね。その後に行われるギャラリー一般公開に関しても全く緊張してない。慣れというのもあるだろうが私個人のイベントなのである程度の筋書きが出来ているから緊張しないのだろう。

 

しかし

7/6の昼間にたった3時間だけ開催の

吉祥寺でのイベントは滅茶苦茶緊張してるんだ。

 

なにしろ全く筋書きが見えてこないからだ。

足の踏み場もないぐらいに人が集まるのか、閑散としているのかの予想もつかないし、畑違いのお二人にご参加いただいたがどう動いてほしいのかすら指示や検討がつかないのだ。

 

一体何をやるのか?

そしてどう絡めていけばよいのか?

おそらく言いだしっぺの私でも不安で緊張するのに他の方々は今頃戸惑っていらっしゃることだろう。おそらく今頃私を恨んでいるに違いない。

 

閑散だった時にはその動き方はある程度予測はつくが、混雑した時に何をすべきか。足を運んでいただいた方に「来てよかった」と言ってもらえるイベントに出来るかがその場に立ってみないと解らない事ばかり。

特に今回お呼びする着物のゆず子さんは気が気でないだろうからサポートしたいところだがどうサポートするべきかが検討つかない。なにしろお互い初体験だし、業界自体「着物とメガネ」の組み合わせのイベントというのは未知の世界でもある。でもそこはいち早く開拓していかなければならないテーマだとも思っている

 

でも蓋を開けてみないと見えない事ばかりならばとりあえず蓋を開けてみましょうか。

その上でどう開拓していくかを見定めようというのが今回の企画の趣旨なんだ。だからグダグダになってしまう可能性は結構濃厚なので3時間という制限を作ったんだ。

 

これが成功すれば着物イベントや初心者向け着物講座、着物とメガネデザインの関連性などを語るトークイベント、あるいは自分を美しくみせる自撮り講座、都内の着物好きを一挙に集めてのオフ会。子育てと着物、

メガネgoodsでいえばどういうものを今後作って欲しいかをお客様を交えての企画会議。同じTシャツを着ての動画撮影や旅行イベントなんてのもいいね。

まさにその準備段階として「蓋を開けてみる」のが今回の趣旨だ。どう転ぶか解らない。

 

計画者がこんな調子だから参加者にはこう伝えてある。

どう動くべきか

何をすべきかを考えるのではなく、

どう動きたいか、何をしたいかを本能で考え行動してほしいとだけ伝えた。

 

私の本能は「自分の作品でたくさんの人達を飾りたい」

これだけの事なんだ。

そう考えると緊張も薄らぐ。